熱交換器スケールの除去はエネルギー使用を削減

熱交換器スケールといえば、まず思いつくのが空調・冷却装置に付着する汚れです。熱交換機に付着しているスケールを取り除くことで省エネ・節電に優れた効果をもたらします。空調・冷却機器の省エネは、電気使用量の削減や空調等に係るコストを削減することに直接つながります。

熱交換器スケールをそのまま放置しておけば、二酸化炭素の削減や地球環境の問題など大きな枠組みでの問題にもなります。

熱交換器 スケールのクチコミ情報を求めています。

コンデンサーのスケール成分の付着は、熱交換率の低下につながります。空調機のファンは、熱交換率が悪くなることによって頻繁に回転するので電気の使用量が高くなります。

故障に結び付く確率も高くなっていきます。

日常のメンテナンスで熱交換器スケールを取り除くことに力を入れることで電気の使用量が減りコスト面で貢献します。


汚れの付着がいかにエネルギーを浪費させるのかは、熱伝導率が示しています。



水冷の熱交換機に利用されている銅の熱伝導率は398W/mkになります。空冷の熱フィンに使われるアルミは237W/mkです。



これに対して硬質スケールの成分の炭酸カルシウムスケールは、0.6W/mkになります。シリカスケールでは0.3W/mk、ほこり・スライムなどは約0.3W/mkです。

いかに熱伝導率をスケールが阻害しているかがよくわかります。
汚れを付着させないように冷却水の水質管理処理薬品を使って熱交換器スケールを取り除くことも、きれいな状態を維持するためには必要です。