熱交換器ンテナンスは必要です

高温の流体から熱を貰い低温の流体の熱を与える熱交換器プラントに取って重要な機器です。

連続運転に越したことは有りませんが途中での熱交換器メンテナンスは必要です。

例えば熱交換器代表事例である火力発電所の熱交換器場合は過酷な運転により低温部には酸露点の関係からスケールやダストが析出して来ます。


そのまま熱交換器運転を続ける事は不可能では有りませんが、付着ダストに依る熱交換器部の圧力損失の増加に依り運転出来なくなる可能性が出てきます。
これらは全て熱交換器後の圧力計の数値に依り判断します。

熱交換器 メンテナンス情報ならこちらのサイトです。

この様な場合には一度ボイラーを含めた発電プラントを停止して熱交換器点検し低温部のダスト、スケールを水洗作業で除去する事が必要です。
又ダスト以外の問題点である低温部の腐食の進行度合いもチェックする必要が有ります。
腐食が激しい部位が有れば熱交換器メンテナンス時に合わせて補修や取り換え工事を行います。



定期的な熱交換器メンテナンスは必要な事で重大事故を未然に防ぐことが出来ると共に計画的な予算処置が可能になります。



熱交換器メンテナンスには納入機器メーカーの協力も必要で技術者のアドバイスや現場での工事指導員の派遣依頼等も行う必要が有ります。


又現場で実際に工事を行う作業員の確保も重要で有り、必要であれば納入機器メーカーに協力を求め作業員込みの熱交換器メンテナンスの見積りをお願いする事も検討する必要が有ります。