熱交換器スケールの除去対策は必要です

熱交換器高温の流体から熱を貰いその熱を低温の流体に与える仕事を行います。

従って同じ熱交換器中で高温域の層と低温域の層が形成されます。
具体的な例で示せば石炭火力発電に採用される熱交換器場合、ボイラー出口の高温の排ガスから熱回収を行いその熱で常温の空気を加熱してボイラーに供給しボイラー効率を上げる事が出来ます。
順調に運転されれば最高の効率が維持できます。
然しながら熱交換器スケールと言う問題も発生します。

熱交換器 スケールのホームページをチェックしましょう。

石炭炊きボイラーの出口温度は高温であり問題有りませんが、熱交換器温部では熱落差の為温度が低くなり、排ガス中に含まれている夾雑物が析出し熱交換器スケールが発生します。
これを除去する為に煤吹き装置が設置されていますが、高圧での煤吹きは熱交換器体をも傷める可能性が有る為圧力調整して使用されています。
その為ボイラーの運転中には熱交換器スケールは完全には除去できません。


従って本格的な熱交換器スケール除去はボイラープラントの停止中に行う事になります。



その方法はアルカリ洗浄水で熱交換器スケール部を洗い流す方法が取られています。

大量のアルカリ洗浄水を使用したり、排水処理の関係から熱交換器納入したメーカーの技術指導に依り作業が行われます。



水洗作業が完了すれば時間を掛けて充分に乾燥させてボイラープラントの再稼働になります。
熱交換器取ってはスケール除去対策は必ず行う必要が有る工事です。